9月1日の防災の日を前に、西伊豆町立賀茂小で教員11人が避難所運営ゲーム(HUG)に取り組んだ。HUGは以前にも取材したことがあるが、その都度新しい発見がある。

 HUGは避難所となる地図上に、避難者に見立てたカードを配置していく。カードには「歩行困難」「薬をなくして困っている」、イヌやウサギなど「ペット連れ」といった条件が記されている。以前取材した時、ペットは校庭で1カ所にまとめるということになったが、今回は「多種類の動物を1カ所ではまずいのでは」という声が上がった。

 経験者、未経験者を問わず、やるたびに気付くことがあるはずだ。機会があれば、積極的に体験してほしい。(北)