車で移動中、スマホを片手に走る自転車を見かけた。比較的若い女性で、ゆっくりとした速度だったが、事故を起こさなければいいが―と心配になった。

 川崎市では、右手に飲み物、左手にスマホを持って電動アシスト自転車を運転し歩行者を死亡させたとして20歳の元女子大生に重過失致死罪で有罪判決が下された。他にも度々、同様の事故が全国ニュースになっていて痛ましいばかりだ。

 自転車は両手でブレーキを操作しなくてはならない。片手では止まるまでの距離が長くなる。スマホだけでなく、傘を差した自転車も時々見かける。違反行為というだけでなく、とても危ない。

 自転車も車両であることを決して忘れてはならない。(日)