日本史、とりわけ古代史には多くの謎があるといわれ、最大の謎とされるのが邪馬台国の所在地だ。中国の歴史書「魏志倭人伝」の記述をめぐり九州、畿内の2説が有力で、専門家ばかりでなく在野の研究家をも巻き込み論争が続いている

 ▼邪馬台国は、騒乱が続いた倭の諸国を統一した女王卑弥呼の国として広く知られる。卑弥呼は3世紀中頃に死去したとされ、同書には“後継”として台与(壱与)が女王になったことも記されている。しかし、その後100年余り日本に関する記述はどの歴史書にもなく「空白の4世紀」と呼ばれているという

 ▼函南町平井の天地神社近くの丘陵に伊豆半島最大規模の「前方後円墳」の遺跡を、滝沢誠・筑波大准教授らの研究チームが発見した。前方後円墳といえば「仁徳天皇陵」(堺市)が思い浮かぶが、同様の古墳が身近な場所で見つかったとは驚きだ

 ▼滝沢准教授は「4世紀ごろには(伊豆地域に)かなり大きな勢力があったと考えざるを得ない」との見方を示す。その上で「伊豆の古代史を考え直さないといけない」とも

 ▼伊豆は「流刑の地」と言われるが、4世紀に有力な勢力が存在していたとすれば、郷土に秘めた歴史があることになり、ロマンを感じる。