「手洗いマイスター」の取材をした。手洗いで防げる感染症になったことがないせいか、日常的に上手な手洗いについてはあまり考えたことがなかった。

 上手な手洗いを続けることは難しい。時間がなかったり、無意識にしてしまったりして、おろそかになりがちだ。

 以前、手洗いを推進する掲示物で感心した物があった。大学時代のトイレには「きらきら星」の歌に合わせた手洗い方法が鏡の横に張ってあった。それには手洗いの絵と30秒間洗うなどポイントが示されていた。上手に楽しく手洗いするために有効な手段だと感じた。

 食中毒や感染症を予防するため、ぜひ楽しく手洗いする方法を身につけてほしい。(恵)