不覚にも風邪を引いてしまった。先週金曜日の朝、目覚めたら鼻が詰まり痰[たん]も絡んで息苦しい。咳[せき]も出る。だが熱っぽくはない。「軽い風邪かな?」そう思って市販の薬を飲み、会社ではマスクをし仕事をした

 ▼土・日曜日は連休だったので、体を休めれば治るだろう−と軽く考えていたが、2日たっても症状は変わらず、熱を測ったら37・4度あった。高熱ではないが「もしかして」と4年前のインフルエンザに罹患[りかん]した苦い経験を思い出した。インフルと診断されると数日間出勤停止になり、複数の同僚に感染させてしまったら業務に支障が出てしまう

 ▼月曜日、病院に行き受付で症状を話すと、院内感染を防ぐため、他の患者とは別の場所で待つよう促された。そして鼻の粘膜から検体を取り検査した結果、幸いインフルではなかった。ホッとした

 ▼まだインフルは流行はしていないので「大丈夫」と思ったが、予防接種前だったため、一抹の不安もあった。今回の経験を教訓に、手洗い、うがいの励行など予防に努めたい

 ▼今、首都圏などで風疹が流行、県内でも複数の患者が確認され、拡大が懸念されている。県や各市町は妊娠している女性や家族らは特に注意するよう呼び掛けている。