五穀豊穣(ほうじょう)などを願い、伊豆各地で上演される「三番叟(さんばそう)」。伊豆の国市では、五つの神社で地元の人により奉納される。いくつかを取材させてもらったが、翁(おきな)や千代(せんだい)ら演者は同じなものの、舞い方などが違っていて驚いた。

 そのうち「田京の三番叟」は21日、新潟県で開かれる「関東ブロック民俗芸能大会」で披露される。各地の金銀山を開発した金山奉行・大久保長安によって伝わったとされる伝統芸能を、新潟(佐渡)の人に知ってもらいたい−と、演者らは練習に励んでいる。

 柏崎市文化会館アルフォーレで午後0時半から。新潟をはじめ、多くの人に魅力が伝わるとうれしい。(春)