数年前の11月下旬、友人たちと山梨県へ1泊旅行をした。温泉に漬かり一杯やるのが目的で、タイミングが合えば紅葉を楽しもうと観光した。初日に名所・昇仙峡の散策を楽しんだ。見頃は少し過ぎていたが、まずまずの景観だった

 ▼翌日、大月市にある日本三奇橋の一つ「猿橋」を見学しようと向かった。観光スポットとしては地味だが、到着したとたん目に飛び込んで来たのは葉が真っ赤に染まった木々。思わず「うわー」と声が上がったほど。橋が架かる渓谷の紅葉も見事だった

 ▼きょうから11月。秋も深まり、北関東は今まさに「錦秋」を迎えている。旅番組などで見る絶景は“日本の美”を感じさせる。間もなく温暖な伊豆地区でも色づき、イベントも展開される

 ▼主なものでは、伊豆市の道の駅・天城越えで「紅葉まつり」(1~30日)、天城温泉郷で出会い橋紅葉ライトアップ(10日~12月9日)、修善寺で「もみじまつり」(15日~12月上旬)、熱海市で「熱海梅園もみじまつり」(17日~12月9日)、河津町で「伊豆天城路河津秋まつり」(20日~12月10日)が開かれる

 ▼この他、個人的には熱海市・MOA美術館の庭園と、伊豆市・修禅寺の「東海第一園」がお薦め。身近な紅葉もいい。