以前、明るい場所に置いていなかったことなどから枯らしてしまった多肉植物の寄せ植えを、次こそはしっかり育てて「緑のある暮らし」をしたいと、ギャザリング講座を受講した。ギャザリングとは、根付きの植物を花束のように組み合わせて植え込む技法だ。

 講座は10月28日まで約1カ月間にわたって伊豆の国市全域で行われた「伊豆の国ふるさと博覧会」の体験プログラムの一つとして行われた。初めて“参加者”として体験した。

 寄せ植えは少々いびつなものの、おしゃれな鉢の効果もあり個人的には満足の出来上がり。伊豆の国の資源を生かした体験プログラムなどが楽しめる同博覧会。次回があれば、違うプログラムにも参加したい。(春)