ほんの少し濃いラテン系の顔立ちをしているため、大学時代のあだ名が「カルロス」だった。卒業して約10年−。今、下田市内でこのあだ名が復活しつつある。詳しい経緯は省くが、地元ケーブルテレビが放送している動画にこの名前で出演したのがきっかけだった。

 学生時代は少々悔しい時もあった。容姿をばかにされていると感じたからだ。だが、現在住んでいる下田であだ名で呼ばれると「伊豆新聞の記者」から「地元の仲間」という存在に少しずつ変われているのかなと、ちょっぴりうれしく感じることが多い。

 下田支社に異動して2年になる。もっと地元に溶け込んで「カルロス」と気軽に声を掛けてもらえるよう頑張りたい。(穂)