最近注目されている性的少数者(LGBT)の勉強会を取材した。言葉自体が聞き慣れないこともあり興味があった。「クラスに1人はいる」「市内小学校には本が置いてない」と話していた。初めて聞くことが多く勉強になった。

 「男の子」「女の子」と意識するのはいつ頃だろうか。母親が家庭内で「女(男)の子なんだから」と言い、学校で男女別に行動することがあるからだろうか。多くの人は大人から教えられ、自分の性別を意識したのではないかと思う。

 スポーツなどで体格の差が出ることもあるため、男女の区別をなくすのは難しいかもしれないが、LGBTに対し差別的な先入観を持たないよう大人が子どもたちに教えるべきだろう。(恵)