伊豆市の修善寺温泉を舞台にこのほど3日間にわたって開催された「桂谷(けいこく)八十八ケ所巡拝」に参加した。家内安全、無病息災、大願成就などを祈願しながら、林道や温泉街の石碑を巡るもので、最終日の1日だけ歩いた。

 弘法大師ゆかりの修善寺温泉にある石碑は、四国八十八ケ所霊場から移された砂の上に建てられている。巡礼は四国霊場と同じ御利益があるとされる。紅葉の進む風景などを楽しみ、地元の人たちによる温かい接待を受け、石碑を巡った。

 途中で雨に見舞われ、翌日は極度の筋肉痛になったものの、心を落ち着かせて手を合わせたり、出来事に感謝したりし、日々の忙しさの中では体験することのできない時を過ごせた。(春)