2千億円―。2025年の開催が決まった大阪万博の会場・交通インフラ整備の費用と目される額だ。開催地選考では、発展途上国など100カ国へ240億円の支援計画を示し集票を図った。数字の大きさに驚く。

 大阪府は880万人の人口を抱え、財政難といっても伊豆の市町とは比べものにならない豊かさだ。金のある自治体が巨大な消費をするのは地方にとってチャンスでもある。農漁業なり観光なりこの機に食い込みたい。テーマが健康なら温泉をアピールしてもいい。国庫の支出があるので一概に言えないけれど。

 再来年の東京五輪の総予算は3兆円を超えるとの予測もある。0が12個も並ぶ、伊豆ではお目にかかれない桁違いな数字に目まいがする。(航)