小正月(15日)を前に伊東市内各地で、正月飾りなどを焼き無病息災を祈る伝統行事「どんど(どんどん)焼き」が行われている。今年は、市内2地区のどんど焼きを取材した。

 どんど焼きは、左義長(さぎちょう)とも呼ばれ、全国各地で呼び名が異なる。書き初めを焼き、炎が高く上がればその年は上達するとの言い伝えもある。近年、子どもが少なくなった影響で、存続が危ぶまれる声もよく耳にする。

 燃えさかるおんべに近づいてシャッターを切った。結果、軽いやけどを負ったのか、顔が少々熱くなった。どんど焼きの火に当たれば、厄よけになるほか、一年間、風邪を引かないとされている。御利益に期待したい。(佐)