人生で初めて人間ドックを受けた。内視鏡検査で胃炎や胃かいよう、胃がんなどの原因に深く関わっているとされるピロリ菌の疑いが強いと診断され、専門クリニックで内服薬を処方された。

 服用はまる1週間、菌の退治薬を朝晩欠かさず6錠ずつ飲む必要があり、その間は飲酒も禁止。ちょうど忘年会シーズンも重なり、苦痛だった。

 年が明け、五穀豊穣を願う三嶋大社の伝統神事・田祭で、子どもが牛役を担うお田打ち奉納を取材した折に「稲は生きる根、命の根」という言葉に触れた。

 毎日おいしくご飯を食べることができ健康でいられるのも正常な体の働きと穀物の恵みがあってこそ。あらためて“命の根”の大切さに感謝する年末年始だった。(藤)