今年の伊東市成人式が市観光会館で開かれ、取材した。女性としては一番興味があるのが晴れ着姿だ。

 よく見たのはボタン、ユリ、手まり、御所車などがデザインされた振り袖。昔は赤が主流だったが今は緑、紺、水色、ピンク、茶色など色もさまざまだ。

 華やかな振り袖姿を楽しく眺めたが、気になったのは着こなし。裾が床についてしまったり、帯締めが落ちたりしていた。着崩れならば直せるが、中には肩を出している新成人もいた。

 人生で一度の祝いの日。自分の好きに着たい気持ちも分かるが、「式典」ということを忘れずに、人から見られている意識を持って大人の仲間入りをしてほしい。(恵)