先日取材先の小学校の献立がきっかけで1月22日は「カレーの日」と知った。全国学校栄養士協議会が1982(昭和57)年同日の給食のメニューをカレーにすることを定め、全国で提供されたことにちなんだという。

 おいしそうに食べる児童を見て、うらやましくなり、インターネットで「給食のカレーの作り方」で検索、昔親しんだ味を食べたいとレシピを求める人を多く見かけた。筆者の食べたカレーは甘口でまろやか、具だくさんだった記憶がある。

 振り返ると、みんなでわいわい食事をした時間もおいしさの秘訣(ひけつ)だったと思う。30日まで、全国学校給食週間だ。児童や生徒の皆さんには、今しか食べられない味をかみしめてほしい。 (祥)