きょう2日は、初午(はつうま)。2月の最初の午の日で、稲荷の祭日として知られる。伊豆日日新聞の事務所がある伊豆の国市大仁地区では、子どもたちがお稲荷さんのほこらのある家庭を回る初午行事がにぎやかに行われている。

 「おいなりさま」や自分の名前を書き入れた4、5色の旗を奉納して願いを掛ける。住民によると、初午が節分の前にある年は火災が多いとされ、今年は二の午の14日に行うという。

 各地では、命を落とす住宅火災が相次いでいる。消防庁などでは対策として▽住宅用火災警報器を設置する▽カーテン、寝具などは防火品を使用する▽住宅用消火器などを設置する▽隣近所の協力体制をつくる−の徹底を呼び掛けている。(春)