動画投稿サイト・ユーチューブには珍しい映像や商品のレビューなど、さまざまな動画があふれている。ハウツー物には「赤ちゃんのお風呂動画」もあり、湯船でうっとりする表情の子もいた。

 先日、熱海市の「両親学級」の人形を使った沐浴(もくよく)指導を取材した。保健師が「お風呂が大好きな子も多いんですよ」と話すと、参加者は感心した様子だった。上多賀の自営業野口裕晃さん(34)は「(人形は)思っていたより重かった。顔を洗うときは気を使う」と話した。

 沐浴のポイントは「熱過ぎず、ぬる過ぎず」「目元から洗って、最後にお尻を洗う」だという。熱心に取り組む参加者を見て、わが子への愛情の深さを感じた。(祥)