今回は「人生はワンチャンス!」(文響社)で知った話を紹介したい。

 「地球は青かった」の名言で知られる宇宙飛行士ユーリイ・ガガーリンは、ロケット搭乗員の最終選考で落とされるはずだったという。だが、選考責任者は彼を選んだ。理由は「笑顔がとても良いから」だった。

 この理由には続きがあり「素晴らしい笑顔は心が安定している証拠」との考えがあったそうだ。

 この話から何を考え学ぶかは人それぞれ。筆者は「娘の笑顔を守りたい」と感じた。受験や就職など人生の岐路に立った時、幸運を引き寄せてくれると思うからだ。名言は残せなくても、人並みの幸せは手に入るかもしれない。笑顔は誰もが与えられた最大の魅力。しっかり守りたい。(穂)