国道1号を三島市の南二日町インターチェンジ(IC)から西へ20分ほど走ると、沼津市西部の東椎路で右手に建設中の巨大な建物が見えてくる。「三井ショッピングパーク ららぽーと沼津」で、外壁にロゴマークも付き、10月のオープンへカウントダウンが始まった感じだ

 ▼敷地面積約11万9千平方メートル、延べ床面積約17万2千平方メートルのショッピングモール。駐車場は約3600台を備える。約210店舗が入る予定で、うち180店が先日公表された。ファッション、雑貨、食品、グルメからホビー、カルチャー、各種サービス、シネマコンプレックスまで、有名店がずらりと並ぶ

 ▼東名・新東名両高速道路のスマートICに近い好立地で、沼津市は年間1200~1800万人の来場を見込んでいる。遊休地だったところに強力な集客施設が誕生することになる

 ▼近隣の既存施設も黙っていない。4年前に改装したイトーヨーカドー三島店に続き、清水町のサントムーン柿田川は3階建て新棟建設など大規模な増床・改装を夏に実施するという

 ▼ららぽーと沼津がオープンすれば、国1沿いの市町ばかりでなく、広範囲から来場者があるだろう。県東部の商業の核になり、伊豆地区への影響も必至だ。