伊豆高原サボテンの花まつりを開催中の伊豆シャボテン動物公園(伊東市富戸)の温室で現在、見頃を迎えているのは「雪晃(せっこう)」や「猩々丸(しょうじょうまる)」といったサボテンたち。原色の鮮やかな花で、見ていると元気が出てくる。花以外にも巨大なもの、細長いものなど、形状も個性豊かでかわいい。少しとげが痛そうだが、葉は分厚くぷっくりしていてギャップがある。

 もう一つギャップを感じるのは、かわいい見た目に反して付けられたかっこいい品名。「雪晃」「猩々丸」のほかに、「玉翁」「銀世界」など。最近日本に入ってきた品種は「ミロ」など逆にかわいい名前なのだが…。ぜひ、2つのギャップにも注目してほしい。(優)