強い寒気が流れ込んだ影響で県内が厳しく冷え込んだ10日朝、出張先の北海道函館市にいた。富士宮市や御殿場市などで雪が観測されたとスマホのニュースで知ったが、函館は好天だったので不思議な感じがした。函館空港から帰路に就き夕刻、羽田空港へ到着すると小雨だった

 ▼伊豆に帰りテレビを見ると、群馬県などで雪が満開の桜に積もる様子を映していた。歳時記で調べると、「春の雪」の項に「桜隠し」とあった。言い得て妙である

 ▼桜前線の北上を意識していると、福島県会津若松市に住む友人が12日、会員制交流サイト(SNS)に市内の桜のつぼみの写真を投稿していた。東北屈指の桜の名所・鶴ケ城公園もつぼみはふくらみ始めだった。約千本のソメイヨシノが咲き誇るといい、5月6日まで桜をライトアップする

 ▼季語といえば、二十四節気の一つ「穀雨」は20日だ。字の通り、雨が百穀をうるおし、芽を出させるという意味合い

 ▼統一地方選は後半に入った。伊豆地区はきょう3町議選が告示される。投票日は「穀雨」の翌日だ。野山にそろう新芽が育っていくように、「令和」の時代へと歩み出す節目の選挙になる。候補者の政策、信条などを見極めて一票を投じたい。