一杯飲んだ後など、深夜の帰宅にタクシーを使う人は多い。依頼するには営業所に電話するのが普通だと思っていたら、最近はスマートフォンのアプリを利用する方法もあるという

 ▼東急電鉄とJR東日本は、下田市で実証実験が始まった「AIオンデマンド乗り合いタクシー」の一般市民向け説明会を先日、開いた。タクシーは下田市街地16カ所で乗降できる。利用者は専用アプリ「Izuko」で目的地、人数などを入力して申し込むと、数分で最寄りのタクシーが到着し乗車できるという

 ▼スマホに慣れた人にはとても便利で、公共交通を補完する新システムとして、観光客や市民、とりわけシニア世代の活用が期待される

 ▼平成時代に普及・発展した物と言えばインターネットと携帯電話、コンビニだろう。われわれの生活を大きく変えた。衣食はネット通販やコンビニで間に合うし、外食やレジャーなどの手配も。連絡はメールで可能だ。人と話さなくても成り立ってしまう。半面、観光では地元ガイドが活躍するなど、もてなしが重視された時代でもあった

 ▼あと10日余りで「令和」。技術の進歩でますます利便性は向上するだろうが、人との触れ合いを大切にする時代になってほしい。