統一地方選が終わり、第2幕、第3幕の可能性があるとみられていた松崎町長の“不信任騒動”も収束した。間もなく10日連続の大型連休に突入する。と言っても仕事柄、ウキウキするどころか「乗り切れるだろうか」と困惑している

 ▼先日、朝の情報番組を見ていたら「10連休が取れる人は全体の71%」と言っていた。想像を超えた数字で驚いた。他の調査結果を調べてみると「4人に1人」「4割」とさまざまだが、皇位継承、平成から令和への改元で慶祝ムードが加わり、レジャー志向が高まっているのは確かだ

 ▼大手旅行会社JTBの調べによると、大型連休中の旅行者数は過去最多で、海外旅行は6・9%増の66万2千人、国内旅行は1・1%増の2401万人。国内では沖縄、大阪、北海道などが人気という。静岡デスティネーションキャンペーンの効果で、伊豆地区にも例年以上の来遊を期待したい

 ▼本紙の求人広告欄を見ると、連休直前にもかかわらず、アルバイト・パート募集が目立つ。多くは観光関連業種で、超書き入れ時でも人手不足の現状がうかがえる

 ▼10連休は政府が進める「働き方改革」の意味合いもある。連休を支える観光従業員らの働き方も、改革されるよう切に願う。