自慢の約40種10万本のツツジは、まだ見頃前だったが、赤く燃えるような鮮やかな色彩に息をのんだ。山麓の広場や遊歩道沿いにはティラノサウルスやトリケラトプスなど恐竜のモニュメントが多数あり、ワクワク感をかき立てられた

 ▼先日、久しぶりに伊東市の小室山公園を訪ねた。山頂に立つと、富士山、天城連山、伊豆大島、真鶴半島など360度のパノラマが広がる。近くの年配グループ客から「なんて、いいところなんだ」「うん、来て良かった」といった会話が聞こえてきた

 ▼そんな「いいところ」が伊豆にはたくさんある。この時季の魅力は、百花繚乱[りょうらん]の花々と目にまぶしい新緑。熱海姫の沢公園、修善寺虹の郷、三島楽寿園、河津バガテル公園など花の名所には、さまざまな花が咲いている

 ▼天城連山も秋の紅葉と並び、最も映える季節を迎えた。シャクナゲは少し早いが、マメ桜やアセビの花などが見られる。特に天城の象徴であるブナ原生林の新緑は素晴らしい

 ▼きょうから待望の大型連休。今年は改元に伴う10連休の超大型になる上、静岡デスティネーションキャンペーンさ中とあって、さまざまな特別イベントがある。わざわざ遠くに出掛けなくても、地元で思いっきり楽しもう。