現代音楽に特化した音楽祭「MCMD」が27日から9日間にわたり、三島市で開催される。世界の第一線で活躍する音楽家を迎え、計12の公演を繰り広げる。プロデュースしたのは三島市平田出身のバイオリニストで、現在、スイスのバーゼルに拠点を置く牧野順也さん(30)。

 この音楽祭を主催し、牧野さんを支える実行委員会のメンバーは、牧野さんの三島南中、韮山高時代の同級生が中心だ。大学卒業後、海外で活動する牧野さんとはフェイスブックなどで情報交換しながら交流を続けてきた。「古里・三島で現代音楽祭を開きたい」との牧野さんの夢に共感し、同級生のネットワークを生かし、協力し実現させた。ぜひ、足を運んでほしい。(木)