熱海市泉の泉公園で開かれたこいのぼり祭りでは、晴天の空下、元気に泳ぐ約20匹のこいのぼりを見ることができた。大小が一列に並んで風になびく姿は壮観だ。

 飾られたこいのぼりは、地域所有のほか、市民から提供を受けたものもあるという。少子化の影響などで飾る必要がなくなり、家で眠っているこいのぼりも多いのではないか。わが家も物置にしまってある。使い道がないのならこうした行事に託すのもいいのではないかと考えた。

 幼い頃、近所を歩くと多くの家の庭にこいのぼりが泳いでいたのを思い出す。最近では昔ほどこいのぼりを見なくなった。日本の伝統文化を次の世代の子どもたちにも見せたいと思う。(優)