「プレーと観光の両方が半分ずつ楽しめる魅力的な大会」。20年ほど前から参加を続ける千葉県内に住む女性(48)の感想だ。伊東温泉のPRなどを目的にした「伊東カメリアヒルズ・テニストーナメント2019」(伊東テニス協会主催)が、今年も伊東市の小室山公園で開かれた。

 宿泊を伴う首都圏を中心に、市内外から約200人が参加。初級者からトップアマチュアまで、老若男女が熱戦を展開した。今回が29回目。大型連休直後の閑散期に行われる貴重な大会ともいえる。

 来夏、東京五輪・パラリンピックが開かれ、伊豆市で自転車競技が繰り広げられる。スポーツと観光を考えるとき、この大会がヒントになるかもしれない。(佐)