町内外の人が出入りし、2拠点居住者らの活動拠点になることを目指す―。シェアオフィス&ものづくり施設「EAST DOCK(イースト・ドック)」が東伊豆町稲取にオープンした。

 芝浦工業大の学生有志が町の補助を受ける「空き家改修プロジェクト」で3カ年度かけて整備した。

 管理運営するNPO法人ローカルデザインネットワークは「町のたくさんの魅力を首都圏などに発信して、町に来たい、来てほしい―という思いを受け入れられる場所にする」と話す。

 交流拠点としてはダイロクキッチンに次いで2施設目となった。稲取港を一望し、学生たちが丹精したドックから、多くの“船出”が期待されている。(日)