「津波避難は『てんでんこ』」−。西伊豆町災害ボランティアコーディネーター連絡会が開いた津波避難講演会で、岩手大地域防災センターの熊谷誠さんが、三陸地方に伝わる津波被災の考え方についてそう説明した。

 てんでんこは「各自」「おのおの」といった意味で、自分の命は自分で守るという避難の大原則を示す言葉だ。全員が実行することで、家族や友人が逃げ遅れたという不安から捜しに戻って、被害に遭うことを避けることができる。

 「自分が助かれば良い」ではなく、「みんな避難したはずだ」と信頼した避難へとつながる。そのためには万一に備え、避難方法をしっかりと家族で確認・共有することも重要だ。(北)