「松江首都圏PR&怪談のふるさと松江 記者発表会」に登場した声優の茶風林さん

 国民的人気アニメ「サザエさん」(フジテレビ系)で磯野波平の声を担当する声優の茶風林さんが、アニメ「秘密結社 鷹の爪」シリーズのCGクリエーター・FROGMANさんが手がける、怪談をテーマにした新作アニメ「平成松江怪談~怪し~」に出演することが17日、明らかになった。同日、「秘密結社 鷹の爪」シリーズなどの「DLE(ディー・エル・イー)」が東京都内で行った島根県松江市のPRイベントで発表した。

 「平成松江怪談~怪し(あやかし)~」は、スタジオジブリの劇場版アニメ「天空の城ラピュタ」「となりのトトロ」などの製作に関わり、小説「新・耳・袋」(扶桑社)でデビューした作家の木原浩勝さんが書いた現代に伝わる不可思議な話を、FROGMANさんがアニメ化。茶風林さんがキャラクターの声で出演し、ナレーションも務めるというアニメシリーズ。

 「DLE」は、これまで「秘密結社 鷹の爪」ゆかりの地である松江市と怪談イベントやタニタ食堂とのコラボレーション、「松江城」を活用したリアル城攻めイベント「鷹の爪団のSHIROZEME」などを実施。松江市は、地元に伝わる怪談話を数多く収録した小説「怪談」で知られる小泉八雲にちなみ“小泉八雲が愛した怪談の街”として、2014年から観光キャンペーン「怪談のふるさと 松江」を展開している。同キャンペーンをPRしている、松江観光大使のFROGMANさんと木原さんがスタートさせたアニメプロジェクト「平成松江怪談」に、16年に同大使に就任した茶風林さんが加わり、キャンペーンの一環としてアニメが制作される。

 イベントでは、木原さんの著書「隣之怪 第六夜」に収録されている「指の輪」をアニメ化した「平成松江怪談~怪し~『指の輪』」が公開された。アニメで、霊が見えるおばあさん役とナレーションを担当した茶風林さんはオファーについて、自身が企画・演出する怪談朗読会「怪し会 八雲」で「指の輪」を披露したことがあるといい、「木原さんの実話怪談というジャンルといいますか、その世界観がとても好きでちょっとラブなんです(笑い)」と今回の話を快諾したことを明かした。

 さらに、茶風林さんは、FRGOMANさんから「吉田くんの本名が、吉田“ジャスティス”カツヲなんです。(磯野カツオをしかるように)吉田くんに活を入れていただきたい」とお願いされ、「本当に?」と驚きながら「こら!カツヲ!」と“名ぜりふ”を披露した。

 「平成松江怪談~怪し(あやかし)~」のほか、 化粧品会社「ポーラ」の協力のもと、美肌によいとされる島根のグルメ、温泉などを扱ったアニメ「吉田の松江ビューティー大作戦」を制作することも発表された。「平成松江怪談~怪し~『指の輪』」は公式サイトなどで見ることができる。

MANTANWEB