劇場版アニメ「ひるね姫~知らないワタシの物語~」の初日舞台あいさつに登場した高畑充希さん

 女優の高畑充希さんが18日、東京都内で行われた主演劇場版アニメ「ひるね姫~知らないワタシの物語~」(神山健治監督)の初日舞台あいさつに登場した。居眠りばかりしてしまう主人公の女子高生・森川ココネの声を演じた高畑さんは「私も学生時代、寝るのが大好きで、通ずるものを感じながら演じました」とにっこり。さらに「私は3秒で寝られるタイプ。撮影の合間でもよく寝られる。顔に畳やボタンの痕をつけたりしてよく怒られます」と苦笑まじりに明かした。

 「ひるね姫」は、2020年の岡山県倉敷市を舞台に、父親と暮らすココネの家族の絆などを描く。ココネの父・モモタローが逮捕されてしまい、居眠りばかりしてしまうココネの不思議な夢が、その謎を解くカギとなる。舞台あいさつには高畑さんのほか、共演の満島真之介さん、前野朋哉さん、高橋英樹さん、江口洋介さん、神山監督も出席した。

 高畑さんは「夢の世界と現実でいろいろなことが起きるけど、ココネ自身は何も変わらない。前に進む力があり、とてもすてき」とココネについて語り、「頭ではなく感情で(物語に)ついていってほしい。目をかっ開いて見てほしい」とアピール。

 モモタロー役でアニメ声優に初挑戦した江口さんは「(高畑さんの)声を聞いていると、(実写)映画を作っているような感じで、シーンを浮かべながらやっていた。アニメの細かく積み上げていく制作段階を見せてもらい、最後に僕らが声を入れる。最後の色つけをしないといけないので、気持ちを引き締めてやった」と振り返った。

 舞台あいさつでは、神山監督の51歳の誕生日をサプライズで祝福し、高畑さんは直筆でメッセージを入れた色紙をプレゼントした。

MANTANWEB