連続ドラマ「女囚セブン」の一場面=テレビ朝日提供

 女優の剛力彩芽さん主演の連続ドラマ「女囚セブン」(テレビ朝日系)が21日にスタートする。剛力さん演じる無実の罪で刑務所に入れられた京都の芸妓・琴音が、閉ざされた塀の中で、個性豊かな女囚たちと激しいバトルを繰り広げる。女子刑務所を舞台にした異色の群像コメディーだ。

 ドラマは、「民王」(同)や「ケイゾク」「SPEC」シリーズ(ともにTBS系)などで知られる脚本家・西荻弓絵さんによる完全オリジナルストーリー。無実の罪で刑務所に入れられてしまった琴音が、刑務所の女囚たちからの壮絶なイジメを巧妙にかわしながら、謎が明かされていく……という異色のコメディー。剛力さんのほか、安達祐実さん、山口紗弥加さん、トリンドル玲奈さん、平岩紙さん、橋本マナミさん、木野花さん、山崎静代さんも女囚役で登場する。

 第1話では、花園刑務所で脱走騒ぎが起こるが、新たな受刑者・神渡琴音(剛力さん)は、脱走した巨体の受刑者・“野獣”こと山川まお(山崎さん)を軽々と背負い、罪状を問う刑務官に「殺人どす」と言い放つ。そして、謎多き政治秘書・楠瀬司(山口さん)、夫殺しの“元ヤン”シングルマザー・市川沙羅(トリンドルさん)、遺産目当ての後妻業の女・津田桜子(平岩さん)、全身整形の美容整形看護師・矢島千鶴香(橋本さん)、老老介護で夫を殺した最高齢・平塚うめ(木野さん)、そして刑務所ナンバーワンの情報屋・坂本奈津(安達さん)という個性的すぎる面々がいる“共同室”に案内され、やがて花園刑務所恒例の“新人イジメ”の標的となるが……という展開だ。

 「女囚セブン」は毎週金曜午後11時15分(一部地域で異なる)に放送。

MANTANWEB