「世界陸上ロンドン」のメインキャスターを務める織田裕二さん(左)と中井美穂さん=TBS提供

 俳優の織田裕二さんとフリーアナウンサーの中井美穂さんが、8月にTBS系で放送される「世界陸上ロンドン」のメインキャスターを務めることが21日、明らかになった。2人は1997年のアテネ大会からちょうど20年目で、11大会連続での起用となる。織田さんは「この20年の間、思い入れの強かった選手の引退には寂しい思いをしてきましたが、次々と現れる新星たちを一生懸命追っかけてきたので、感慨にふけるようなヒマはなかったですね。ただ今回に限っていえば、(ウサイン・)ボルト(選手)の引退というのはとても大きなこと」とし、「ロンドンでのラストランでどんなストーリーを見せてくれるのでしょうか」と期待を寄せている。

 「世界陸上」は、政治や宗教などの壁を超え、陸上競技の世界一を決める大会として83年にヘルシンキで第1回が行われ、現在では2年に1回開催されている。ロンドンで開催される今大会は8月4~13日に開催。TBSでは10日間、過去最長の93時間にわたって放送する予定。織田さん、中井さんコンビが現地から情報を伝える。

 織田さんと再びタッグを組む中井さんは「私のアナウンサーデビューが、織田さんの芸能界デビューと同じ1987年。2人ともこのお仕事を始めてからちょうど30年です。その30年のうち20年も同じコンビで『世界陸上』を担当させてもらっていて、織田さんには他の方にはない親近感を勝手に感じています(笑い)」とコメント。また、「ラストランということでもちろんボルトに注目ですが、新しいスターたちも次から次へと現れるのでそれも楽しみにしています」と見どころも語っている。

MANTANWEB