「ひよっこ」で主演を務める有村架純さん

 女優の有村架純さんが主演を務めるNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」の第23週「乙女たちに花束を」(9月4~9日)の週間平均視聴率(関東地区、ビデオリサーチ調べから算出・以下同)が21.8%を記録したことが11日、明らかになった。第18週(7月31日~8月5日)と第19週(8月7~12日)の自己最高22.4%に迫る数字で、週間平均20%の大台超えも8週連続と依然、好調をキープしている。

 「ひよっこ」は96作目の朝ドラで、「ちゅらさん」などの脚本家・岡田惠和さんのオリジナル。奥茨城の農家に生まれ、のんびりした少女に育った谷田部みね子(有村さん)が、出稼ぎで東京に行っていた父が行方不明になったことをきっかけに、集団就職で上京する……というストーリー。高度経済成長期に集団就職で上京した“金の卵”が、殻を破って成長していく姿を描く。

 第23週「乙女たちに花束を」では、みね子は、スキャンダルが原因で窮地に立たされていた世津子(菅野美穂さん)を、秀俊(磯村勇斗さん)らと協力し、救出する。みね子に連れられ、あかね坂商店街にやってきた世津子は、そのままあかね荘に転がり込むことに。そして、鈴子(宮本信子さん)と省吾(佐々木蔵之介さん)は、“わだかまり”を解きたいと、由香(島崎遥香さん)が働く柏木堂を訪ねる……という展開だった。

 NHK総合で月~土曜午前8時ほかで放送。全156回を予定。

MANTANWEB