アニメ「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の第3章「純愛篇」の一場面(C)西崎義展/宇宙戦艦ヤマト2202製作委員会

 人気アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の最新作「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」(羽原信義監督)の第3章「純愛篇」が14日から新宿ピカデリー(東京都新宿区)ほかで上映される。全7章で描く新シリーズの第3弾。主人公・古代進は苦難続きの中、決断を迫られる。

 2012年放送の「宇宙戦艦ヤマト2199」の続編で、1978年に公開された「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」がモチーフ。小説「亡国のイージス」「機動戦士ガンダムUC」の福井晴敏さんがシリーズ構成と脚本を手がける。

 イスカンダルへの大航海からヤマトが帰還し、地球はコスモリバースシステムによって、かつての青い姿を取り戻したが、イスカンダルのスターシャの願いもむなしく、地球は軍拡の道を歩み始める。伝説の女神・テレサの祈りが、ヤマトクルーに危機の到来を知らせる……という展開。

 惑星の岩塊に埋もれたヤマトの頭上に、おびただしい数のガトランティス増援艦隊が到着。波動砲を封印したヤマトにはなすすべも無く、古代進は決断を迫られる。ヒロイン・森雪への愛、艦長としての責務などの板挟みになる苦悩も。苦難続きの古代の行動が注目される。大きなテーマは愛だ。純愛か……と古代の決断を含めて考えさせられることも多い。(小西鉄兵/MANTAN)

MANTANWEB