映画「火花」の初日舞台あいさつに登場した(左から)又吉直樹さん、川谷修士さん、菅田将暉さん、桐谷健太さん、三浦誠己さん、板尾創路監督

 俳優の菅田将暉さんと桐谷健太さんが23日、東京都内で開かれたダブル主演映画「火花」(板尾創路監督)の初日舞台あいさつに登場。映画について、菅田さんは「現場も楽しく、和気あいあいとして、大好きな芸人さんもいて、ハッピーでメモリアルな日々だった」と振り返り、「公開できることがありがたいし、純粋に楽しみ」と語った。

 その菅田さんのコメントに、桐谷さんが「やっぱり、ハッピーなメモリアル……」と“イジる”場面があり、菅田さんは「俺、そんなダサい言葉を使いましたか?」と反応して、観客の笑いを誘っていた。

 この日の舞台あいさつには、お笑いコンビ「2丁拳銃」の川谷修士さん、三浦誠己さん、板尾監督、原作小説の作者でお笑いコンビ「ピース」の又吉直樹さんも出席。映画公開について、又吉さんは「うれしかった」と喜び、「自分で書いた作品を映画にしてくださって。鑑賞する側に回れて、すごい場面や、せりふに共感できたり、強く感じることができる映画になっている」と話していた。

 「火花」は、又吉さんの芥川賞受賞作が原作。売れない若手芸人の徳永(菅田さん)が、天才肌の先輩芸人・神谷(桐谷さん)と出会って師弟関係となるが、徳永が売れていくに従い、相変わらずの生活を続ける神谷との関係に変化が生じる……というストーリー。

MANTANWEB