連ドラ「オトナ高校」のクランクアップを迎えた三浦春馬さん(左)と黒木メイサさん=テレビ朝日提供

 俳優の三浦春馬さん主演の連続ドラマ「オトナ高校」(テレビ朝日系、土曜午後11時5分)がこのほどクランクアップを迎えた。撮影を終えた三浦さんは「本当に楽しい現場で、3カ月があっという間に過ぎていきました! 素晴らしいスタッフ、力を持ったキャストの皆さんが、新しい芝居へチャレンジする勇気を育ててくれた3カ月間でした。感無量で言葉にならないんですけど……本当に感謝しています!!」と、笑顔であいさつした。

 ラストシーンは、最終話(9日放送)に登場する、三浦さん演じる主人公の荒川英人と、黒木メイサさん演じる園部真希が同居を解消する場面。三浦さんと同じく撮影を終えた黒木さんは「斬新な作品に関わることができて、本当にうれしかった」と振り返り、「三浦春馬は本当に童貞なんじゃないか、と私は思っております(笑い)。それくらいすてきな英人でした!」と、コメントした。

 撮影現場には、姫谷さくら役の松井愛莉さんがサプライズで登場。スタッフの中に紛れ込んでいた松井さんを発見した三浦さんは「来てくれたんだ! ありがとう!!」と、頬をゆるめたという。

 異性との性体験のない30歳以上の男女が有無を言わさず入学させられるという「オトナ高校」が舞台となる“学園ドラマ”で、三浦さん演じる東大卒のエリート銀行員ながら女性経験ゼロの英人が、55歳で同じく経験なしという英人の上司の権田勘助(高橋克実さん)、男性経験ゼロの32歳キャリアウーマンの真希(黒木さん)といった“クラスメート”とともに“卒業”を目指して成長していく姿を描く異色作。9日放送の最終話は、英人、真希、権田、さくらによる四角関係の結末が描かれる。

MANTANWEB