テレビアニメ化される「邪神ちゃんドロップキック」のティザービジュアル(C)ユキヲ・COMICメテオ/邪神ちゃんドロップキック製作委員会

 マンガ配信サイト「COMICメテオ」で連載中のユキヲさんのマンガ「邪神ちゃんドロップキック」が2018年夏にテレビアニメ化されることが7日、明らかになった。下半身が尾の悪魔・邪神ちゃんが正座待機する姿を描いたアニメのティザービジュアルも公開された。

 「邪神ちゃんドロップキック」は、悪魔の邪神ちゃんが、ある日突然、人間界に召喚されてしまい、東京・神保町のボロアパートに暮らす女子大生、花園ゆりねと同居する姿を描いたコメディー。2012年4月から「COMIC メテオ」で連載中で、12日にはコミックス最新9巻が発売される。

 原作者のユキヲさんは「今回アニメ化していただけるということでとても光栄に思います。執筆中、作者の脳内では邪神ちゃんたちが動いて、しゃべっているのですが、脳内なので、それを読者の方々に見てもらうことはできません。でも、アニメならば皆さんにも邪神ちゃんが動いて、しゃべる姿を見ていただくことができるのですごくうれしいです」と喜びのコメントを寄せている。

 アニメの詳細は今後、発表される。

MANTANWEB