映画「リベンジgirl」の完成披露試写会に登場した桐谷美玲さん

 女優の桐谷美玲さんが7日、東京都内で行われた主演映画「リベンジgirl」(三木康一郎監督、23日公開)の完成披露試写会に登場した。桐谷さんは、一番うれしかったクリスマスプレゼントについて、1990年代に人気を博した任天堂の家庭用ゲーム機「スーパーファミコン」の名前を挙げ、「そこから私のゲーム人生が始まりましたから。休みの日は引きこもってゲームをやっています。そのサンタさんがきっかけです」と告白した。

 桐谷さんは、スーパーファミコンの思い出について「私が小学生のときにサンタさんがくれたんです。英語の手紙が書いてあって、何て書いてあったかは覚えていないんですが。ソフトも何本かあって、弟とずっとゲームをやりました。そこからですよ、ゲームが止まらなくなったのは。今も変わりません」と振り返っていた。

 「リベンジgirl」は、桐谷さんの約2年ぶりの主演映画。東大首席でミスキャンパス1位という経歴を持ちながらも、極度の“性格ブス”という24歳の宝石美輝(たからいし・みき、桐谷さん)が、フラれた相手を見返すために初の女性総理大臣を目指す……というストーリー。

 この日は、鈴木伸之さん、清原翔さん、佐津川愛美さん、竹内愛紗さん、三木監督も出席した。

MANTANWEB