NHKの連続テレビ小説「わろてんか」第84回の一場面 (C)NHK

 葵わかなさん主演のNHKの連続テレビ小説「わろてんか」は第15週「泣いたらあかん」を放送。12日の第84回では、伊能(高橋一生さん)はてん(葵さん)から志乃(銀粉蝶さん)が記憶を取り戻したことを教えられるが、「あの人と二度と会うつもりはない」と再会をかたくなに拒絶する。一方、東京で芸人たちの安否確認をしていた風太(濱田岳さん)から久しぶりに電話があり……。

 「わろてんか」は、京都の老舗薬種問屋の長女で、笑いをこよなく愛するヒロイン・藤岡てんが、大阪を日本一の笑いの都にしていく姿を描く一代記。主題歌は女優の松たか子さんが歌う「明日はどこから」。脚本はドラマ「美女か野獣」(フジテレビ系)などの吉田智子さんが手がけ、語りはNHKの小野文惠アナウンサーが担当している。

 第14週「みんなの夢」は、とわ(辻凪子さん)の家出騒動をきっかけに結束を強めた「安来節乙女組」の娘たちを何としても高座に上げたい風太は、臨時講師にリリコ(広瀬アリスさん)を迎えて、厳しく踊りを教える。最初は反発していた娘たちも、リリコらの思いを知るとついにやる気を出し、お披露目の日を迎える……という展開だった。

MANTANWEB