13日放送の連続ドラマ「FINAL CUT」第6話のワンシーン=関西テレビ提供

 人気グループ「KAT-TUN」の亀梨和也さん主演の連続ドラマ「FINAL CUT(ファイナルカット)」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)。13日放送の第6話では、「ザ・プレミアワイド」の司会者・百々瀬(藤木直人さん)が、井出(杉本哲太さん)や真崎(水野美紀さん)、小池(林遣都さん)、皆川(やついいちろうさん)のそれぞれを脅迫していた男はすべて慶介(亀梨さん)だったと井出らに伝え、さらに、慶介を調べるよう指示する……。

 ドラマは、母を奪った罪深き者たちへの復讐(ふくしゅう)と“許されざる恋”を描く。12年前、慶介の母の恭子(裕木奈江さん)が経営する保育園の園児が何者かに殺害される事件が発生し、「ザ・プレミアワイド」の放送内容が原因で、恭子は自ら命を絶ってしまう。それから12年。警察官となった慶介は、百々瀬を含む番組関係者、さらに、事件の真相の鍵を握る小河原姉妹(栗山千明さん、橋本環奈さん)に復讐を果たそうとするが、姉妹の一人を愛してしまう……という内容。

 第6話では、慶介は、真犯人だとにらむ小河原祥太の妹の雪子(栗山さん)から「兄が帰ってきた」と知らせを受け、雪子の元に向かった。しかし、それは正体を偽って自分たちに近付いてきた慶介の目的を若葉(橋本さん)にも教えようとする雪子のわなだった。慶介は、雪子と若葉に目的を見破られたと悟る。

 ある日、慶介が勤務する新宿中央署管内で美人料理研究家の柴みちる(今野杏南さん)が殺害される事件が起き、事件当日にみちるとけんかしていたという恋人の矢口(中村倫也さん)に犯行の疑惑の目が向けられる。そんな中、慶介の元に、矢口が「ザ・プレミアワイド」の放送が原因で、世間から自分が犯人と疑われるようになったと、助けを求めてくる。

 自分の無実を主張し、もう一度恋人に会いたいと涙する矢口に、自分の過去を重ねた慶介は矢口の力になることに。しかしその翌日、矢口が姿を消してしまう。慶介は、高田(佐々木蔵之介さん)に、自分も捜査に加わらせてほしいと申し出る。しかし、高田から12年前の事件のことを切り出され……というストーリー。

MANTANWEB