熱海の名所として有名だったという伊豆山温泉・相模屋旅館の千人風呂(絵はがき)

 旅行のメーンイベントは今も昔も温泉。毎日入る家庭のお風呂と違って、温泉地でのんびりと手足を伸ばして入るお風呂は、また格別です。

 つまり多くの観光客にとって重要なのは、温泉の効能よりも「お風呂」つまり温泉の入れ物なのではないか。そう考えた温泉旅館が次々と名物「風呂」を造り、宣伝し、集客の目玉にしていった時代があります。1950(昭和25)年から高度経済成長期ごろに発行された国鉄時刻表の巻末には、ユニークなお風呂をPRする旅館の広告が並んでいます。

 まずは「千人風呂」、昭和初期には伊豆山温泉の相模屋がすでに有名でしたが、全国各地にも存在していました。広大な風呂は豊富な湯量を確保できる源泉所有者の特権を示すキーワードでもありました。大きさとともに、意匠にも工夫が凝らされます。憧れの海外旅行をイメージさせる「ローマ風呂」(大野屋)や「パリー風呂」(つるやホテル)が代表格です。

 そしてその発展形が「ジャングル風呂」で、昭和30年代以降に全国的に大流行します。現在でも熱川温泉のホテルカターラなどで体験できます。温泉熱を利用して熱帯植物を浴室に配し、BGMは鳥の鳴き声と南国ムードを盛り上げました。さらに木陰にブランコや滑り台などを配置した遊園地のような大浴場も登場します。

 64年の東京五輪を控え、建築技術や軽くて丈夫な浴槽用資材が開発され、屋上や高層階の展望風呂が実現します。また純金風呂や総大理石風呂といった素材にこだわる浴槽が誕生するなど、まさに百花繚乱(りょうらん)です。

 全国に先駆けて新技術や新素材、新サービスを取り入れた熱海温泉はまさに温泉テーマパーク。当時の観光客は、新しいお風呂との出合いにワクワクしていたに違いありません。

(大久保あかね 常葉大学経営学部教授)

 【写説】熱海の名所として有名だったという伊豆山温泉・相模屋旅館の千人風呂(絵はがき)