くしゃみ

 「立春」が過ぎ暦の上では春を迎えましたこの季節になると憂鬱(ゆううつ)になる人も多くいます。それは「花粉症」の季節だからではないでしょうか。

 花粉症の原因で代表的なものとして「スギ花粉」があります。スギ林の面積は全国の森林の18%、国土の12%を占めるため、花粉症の人の70%はスギ花粉が原因といわれます。また、北海道はスギ花粉飛散が極めて少なく、沖縄にはスギがほとんど生息していないことからスギ花粉症の人は関東・東海地方に多く見られます。事前に対策をしっかり立て、心地よい春を過ごしたいものです。

 なぜ花粉症になるのでしょうか。花粉が鼻や目から侵入したときに、体の中で「異物(敵)」と判断されてしまうと、リンパ球が抗体(IgE抗体)を作ります。その抗体が花粉を追い出そうとし、鼻水やくしゃみなどの症状が出ます。

 花粉症による症状を最小限に抑えるには、花粉を体内にできるだけ取り込まないことが重要です。対策として(1)外出時はマスクや眼鏡でガードする(花粉症用を使用すると、マスクでは約6分の1、眼鏡では約4分の1、花粉の侵入を減少できることが分かっています)(2)外出後のコートなどは家に入る前に手で花粉を払い、玄関で脱ぎ、部屋には持ち込まない(3)外出後は手洗い・うがいをする(4)洗濯物は部屋に干す(5)窓はなるべく閉めておき、空気清浄機を活用する(6)1日の終わりに入浴し、花粉を洗い流すなど、普段の生活の中で工夫する。ほかにも悪化の因子であるストレス、睡眠不足、お酒の飲み過ぎなどにも注意してください。

 また、花粉症シーズンが始まる前に耳鼻科、アレルギー科など専門医に相談すると、自分に合った治療を受けられます。シーズン中に症状がひどくなった場合も、すぐ受診しましょう。セルフケアと治療を含め、花粉症の季節を快適に過ごせるよう努めましょう。