「おっと合点承知之助」を手にする清水さん

 「おっと合点承知之助」(文・斎藤孝、絵・つちだのぶこ)を紹介します。「おはようごん左衛門」「しーらんペッタンゴリラ」など、ページをめくるたび、楽しい付け足し言葉が飛び出してきます。幼かった息子も娘もこの軽快なリズムの言葉のとりこでした。言葉の意味は分からなくても楽しさは伝わるのですね。

 いつもと変わらない家族の風景にいつもと少し違うおじいちゃん。忍者ごっこは楽しいけれど、「じつはワシ、おじいちゃんじゃないんじゃよ」。ラストに驚きの展開が待っていて…。

 子どもが物語を理解できるようになると、ストーリーが面白く、絵も魅力的。「おっと合点?」「しょうちのすけ!」。言葉が絵本を飛び出して、家族の会話もにぎやかにしてくれますよ。

 熱海市の主婦・清水絢子

 【写説】「おっと合点承知之助」を手にする清水さん