春の選抜高校野球大会に出場する静岡高校野球部所属、竹内奎人君は河津町初の甲子園出場選手です。

 小学校1年生入団当時はキャッチボールもままなりませんでしたが、今や静岡県代表選手となりました。日々の努力が結果となっているのだと思います。

 キャッチボールなどの基礎やルールを学び、しっかりとした野球の試合ができるまでには、それぞれ子どもたちが数年かけて練習しなければなりません。その中で野球技術の向上だけでなく、精神力や思いやりを身に着けていってほしいと思いながら日々の活動に取り組んでいます。

 小・中・高と野球を続けていく環境が少ない地域であり、また少子化による団員減少と、少年野球を継続していくことが難しいこの頃ですが、竹内君のように甲子園出場とまでは難しいことでしょうが、高校野球まで卒団選手が進んでくれると、指導者としては嬉しいです。

 野球を通してチームの活動が地域の活性につながるように頑張っていきたいと思います。