絵本「14ひきのあさごはん」の魅力を紹介する斎藤さん

 「14ひきのあさごはん」(岩村和朗=いわむら・かずお作、童心社発行)は、丁寧で優しいタッチのイラストが印象的で、森の中で暮らすネズミの大家族が繰り広げる温かなストーリーが大好きです。子育てをしているときに、素朴な感じや、古き良き時代の家族の団らんの雰囲気がとても気に入りました。子どもが幼いときに、本屋さんで出合いました。祖父母とお父さん、お母さん、きょうだい10匹が木の家を中心に繰り広げる温かな暮らしの様子が楽しく、「ひっこし」「こもりうた」などのシリーズが人気です。

 「あさごはん」の物語は野イチゴを摘みにいったり、まきを割ってスープを作ったり。森の中で、みんなで協力しながら朝食の支度をし、一緒に和やかな食卓を囲むまでの描写が楽しい一冊です。

 松崎町・民生委員・主任児童委員 斎藤その江

 【写説】絵本「14ひきのあさごはん」の魅力を紹介する斎藤さん