適度なストレスと過度のストレス

 早いもので、2017年も3カ月がたちました。4月は入学や就職、新しい部署への配属など、新しい環境が訪れる季節です。今回は、その環境の変化などによって発生する「ストレス」についてお話します。

 ストレスとは、外部からさまざまな刺激が加わったときに示す反応で「精神的緊張」とも呼ばれています。人間関係が原因で発生することが多く、慣れない環境に身を置くうちにためこんでしまうこともあります。

 日常でもよく耳にする言葉ですが、一般的にネガティブな印象が強く、生活にとって好ましくないものと思いがちではないでしょうか。不安感や過労などによる「悪いストレス」をため込みすぎると、不眠症のように健康を害することや、うつ病を発症したり自殺する原因になったりすることもあります。

 一方、適度なストレスは、仕事や運動などによる達成感や充実感、満足感を与え「良いストレス」となり、心や体を活性化させてくれます。

 多くのストレスに囲まれている私たちの生活ですが、性格や物事の捉え方などによって、感じるストレスの種類も度合いも異なります。そのため、ストレスをなくすことよりも、ストレスに敏感になり、いかにうまく付き合っていくかを考えることが大切になります。自分なりのストレスの解消法を見つけ、余暇を有効活用し、フレッシュな気持ちで明日を迎えましょう。

【県賀茂健康福祉センター健康増進課・仁藤ほなみ 電0558(24)2037】