松崎フットサルクラブ・フィオーレは、2011年に松崎町の有志によって設立されました。当初は10人足らずでスタートしましたが、創立6周年を迎えた現在では部員も30人を超えるまでになりました。

 クラブ設立の理念として、西伊豆地区には少年少女サッカーチームはあるものの、中学校には残念ながらサッカー部がなかったことが挙げられます。「少年少女サッカーを続けてきた選手に、中学3年間のサッカー環境をつくってあげたい」−との思いから、有志により設立しました。

 当初から今も、理念は変わることはありません。今現在も12歳から47歳までの幅広い年齢層で毎週水曜日に活動しています。チーム名のフィオーレはイタリア語で花という意味です。松崎町のキャッチフレーズの花とロマンの里の“花”から名前を付けたように、フットサルを通じて大勢の仲間をつくれる子どもたちを増やすこと、そして地域の活性化を視野に頑張っています。