■韮山 発展途上だが全員野球で頂点を

 1 投 久保 秀汰 3 左左

2 捕 加藤琉之介 3 右右

3 一 宮崎 天志 2 左左

4 二 江口 健斗 2 右右

5 三 小林虎太郎 3 右右

6 遊 藤井 淳人 3 右右

7 左 佐藤 烈士 2 左左

8 中 伊藤 渉太 3 右右

9 右 大竹 悠太 2 右左

10 外 宇留嶋勇貴 3 右右

11 内 増田 汰瑚 3 右右

12 外 徳永 夢大 3 右右

13 内 諏訪部太陽 2 右左

14 内 三原 颯大 2 右右

15 内 宇野 陽佑 2 右左

16 外 上田 凌汰 2 右右

     ◆監督 勝田 駿一

 今年のチームは、昨年3年生の部員数が多かったこともあり、試合経験の少なさが弱点であった。したがって、チーム発足当初は、思うように自分たちの力が出せず、敗北するケースが多かったが、ここ最近では、接戦をくりひろげるような試合をすることが多くなった。

 投手陣はエースの久保が中心となる。速球が売りの本格派左腕で、力で相手の打者を打ち取ることが多い。また、佐藤は制球力が高く、内野ゴロを打たせながら、試合をつくり、徐々に信頼度が増してきている。

 攻撃面は、4番に座り主将でもある加藤の決定力が高い。宮崎は長打も打てるため、チャンスでの一発に期待したい。走塁では、次の塁を果敢に狙う姿勢をどの選手も備えており、藤井や伊藤が足でチャンスメークをする。

 また守備では、小林、増田、宇留嶋、徳永が徐々に守備力を上げてきている。ピンチのときの精神力の弱さが課題として挙げられるが、全員で声で盛り上げ、ピンチをしのいでもらいたい。

 まだ発展途上のチームだが、全員野球で頂点を目指したい。

 ■函南東 県大会強豪校に勝利し自信

1 投 西原未来飛 3 右右

2 捕 赤間 翔伍 3 右右

3 一 鈴木 隆嗣 3 右右

4 二 江藤  翔 3 右右

5 三 神尾 英寿 3 右右

6 遊 村上 健治 2 右右

7 左 矢田 彗遥 3 右右

8 中 木下 天良 3 左左

9 右 遠藤 哲平 3 右右

10 内 山本 晃瑠 3 右右

11 外 白松  熙 3 右右

12 投 三枝 大輝 2 左左

13 内 加藤 功誠 2 右右

14 内 田辺 優太 2 右右

15 内 遠藤 秀将 2 右左

16 捕 前田 翔平 2 右右

17 外 高橋良太朗 2 右右

18 外 杉原 隆良 2 右右

19 内 村松 聖也 2 左左

20 外 石川虎大朗 2 右左

     ◆監督 山田  大

 11月、2月と2度の県大会で強豪校に勝ったこと、互角に勝負できたことが自信となった。一方で、あと一歩で勝ちきれなかった悔しさが「次こそは」という向上心につながっている。

 今年のチームはバッテリーを中心とした守り勝つ野球である。投手は、伸びのある速球とキレのある変化球で、狙って三振が取れる西原が絶対的なエースである。左腕から繰り出す球威ある速球が持ち味の木下、安定感のある2年生三枝が控える。巧みな配球と強肩の捕手赤間がチームの大黒柱である。野球を熟知している江藤、安定感のある村上、送球に自信のある神尾・加藤が内野を引き締める。外野は俊足で球際に強い矢田が中心である。

 攻撃では、俊足巧打の西原が出塁し、器用な木下がつなぎ、長打力のある赤間・遠藤哲の中軸が返す。成長株の鈴木は勝負強さが光り、山本は状況に応じた打撃ができる。白松は意外性のある長打力が魅力だ。

 地域から応援されるチームを目指し、学校生活でもリーダーを担う。一球を大切に、笑顔で、チーム一丸となって優勝を目指す。

 【写説】韮山

 【写説】函南東